激烈なる日々

激烈なる日々

2014 SRF宮城&FTRより全日本スーパーモタード選手権に参戦中!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

茂原&2014総括

Windows フォト ビューアー壁紙
ジャジャジャン!!!
名阪のですがかっこいい画像を、倉田さんにとってもらったのでは、しょっぱなにはっちまおう!



ええ、相変わらず更新が遅くてスイマセン・・・。
2014シリーズも先日の茂原で無事終了いたしました。

結果のほうはと・・・
タイムアタック・・・2位
決勝ヒート1・・・3位
決勝ヒート2・・・12位
総合5位でした。

最終戦は、ロード系の方々が速くて、ヒート1はかなり頑張りましたが、私はまだまだでした。
しかしながら、モタードって面白いっすね。
ダート区間は少なくて、ターマックであれくらい走りが違うようでも、レースが始まるとバトルができちゃうんです。
それぞれの長所があるものの、1周でみると速い所の違いから、競っていても面白いものです。
ああいう抜きつ抜かれつのバトルは、負けた悔しさよりも楽しい気持ちのほうが残ります。
なので、結果よりもすっきりとした気持ちで最終戦を無事終えることができました。

加えて、S1オープンクラスで、チームメイトの#37AZUMAX(最近こう言われてるねw)こと吾妻裕人がついに開眼しました!
タイムアタック・・・1位
ヒートレース・・・1位(幻の!)
でも、周りが見えてなくてWチェッカーってやつで、決勝は最後尾グリッド!
とてもAZUMAXらしくて、いいねw
決勝は最後尾から11位まで追い上げてたし!(やるね!)

ま、最後にスピードのあるところを、みんなに見せつけられたので、十分今シーズンの収穫もあったことでしょう!

そんな茂原は、今シーズン最後のレースでしたが、参加者も観戦の方も非常に多かったように思えます。
シーズンを通して、走った方、運営していただいたウズシオレーシングの皆様、主催されたサーキットの方々には、1年間大変お疲れ様でした。

1417013659618.jpgレースをするって事は、ライダーもですが、チームのスタッフや、かかわるすべての人が疲れますよね。
1417013667941.jpgおつかれさまです。

では、さくっと今シーズンを振り返ってみます。
1900092_517558851697927_83951751_n.jpg
思い出せば、今年の年明けは偽関節からの手術の年明けでした。
フクダテクニカに行っても、「いつから乗れんだべ?」的な感じでした。
1398817744116.jpg開幕戦の美浜から行きましたが、今シーズンから新たにチームメイトとなった、#37吾妻裕人と#22大野雅樹さんのお手伝いと応援に。
当初の予定から、開幕戦の美浜、第2戦の琵琶湖はキャンセルする予定でした。
1398820289891.jpgそういえば、この人も怪我してましたねwww
記憶が薄れるのは早いもんだw

1398818521510.jpg乗ってもいないのにちゃっかりバイクは持ってきましたが。
1400630238961.jpg琵琶湖までは、レースをしている人たちを支える部分を、そういう視線から見れて、本当にチームのみんなには重責を担ってもらってたんだなと、改めて再認識できました。


1400630082793.jpg千葉さん、もう骨くっついてるし!

で、客観的に自分の走っているPROクラスのレースを2戦連続で観戦しましたが、ものすごく怖くなったのを思い出します。
特にタイムアタックの時の、緊張感はすごかった。
琵琶湖のときは、自分が想定していたタイムよりも時間とともにじわじわ詰まってくる、究極のアタックに鳥肌が立ちました。
見てる視点からはまさに「すごい!」の一言。
ライダーの視点からは「やべ~、この人たち危険だ・・・」って、本当に怖くなりました。
マシンの挙動なんかも、もうやばい!ってぐらい攻めてるライダーの姿に、なぜか「無事で終わってくれ~」っておもうんです。
それぐらい、ギリギリな感じがね、伝わってくるんですよ。
特に、琵琶湖のタイムアタックはそう思いました。
客観的にみて、PROクラスの凄みやオーラを感じて、乗らないほうも怖いもんだって思いましたよw

1404183040307.jpgとか何とか言いつつ、自分のマシンのセクシーショットで、緊張感はいずこへ・・・(嘘)
ど緊張の第3戦、エビスより戦線へと復帰していきました。
昨年の八月以降の、かれこれ10ヶ月ぶりくらいのレースでしたが、そつなく終えることができて、ホっとしたのが本音でした。
翌日の筋肉痛は言うまでもありませんがw

10499364_548926715229544_617175604879505369_o.jpgで、土曜日は晴天だった広島も、日曜日は朝から大雨・・・。
この辺からだったでしょうか、俺がレースに復帰してから雨が降る・・・。
妖怪雨降らし!と千葉さんに言われ始めたのは。
1973391_548939515228264_362655963266711579_o.jpgま、このころから俺は、妖怪雨降らしは、写真の岩渕さんだとふんでいましたけどねw
10501707_548928971895985_8402160343375389086_n.jpgでも、エリア戦を戦う彼らですが、チャレンジプロクラスのエキシビジョンのレースを走りに、チームと帯同して広島のコースを走れたりする、経験値を高められるのは、やはり、全日本を回るライダーやチームの母体があるからだと思います。
エリア戦もレース数が少ないのを来年は、なんとか改善できればいいなと思います。
全日本との併催以外の方法の摸索等をね。

10152036_547602625361953_7214024392071180304_n.jpg広島の夜は、競艇選手になるRYUTAと兄のトシ君と、宿の下の居酒屋で楽しい夜を過ごしましたし、レースではちゃっかりヒート1で勝ったりして、ひそかに充実してました。

10644394_571773299611552_6643602222128150204_o.jpgで、迎えた地元SUGO。
ごらんの激しいコース設定。
シンプルが故に面白くも、難しいコース設定に走りがいがありました。
駄菓子菓子!
1409090576274.jpgごらんのありさま!
1409090582362.jpg
タイムアタック1位から迎えた決勝ヒート1、撃沈!
ばっちり撮られてましたw
晴天のはずのSUGOもヒート2直前に、再び妖怪雨降らしパワーで再び、雨のレースとなりました。
1409090397025.jpgが、なんとか耐えるレースで優勝できて、今期2勝目ができました。

うーん、復帰後3レース6ヒート中2勝と、俺にしては上出来な感じでした。

10458344_573043629484519_8081442457562439675_n.jpg俺のかっこいいヘルメットを、モトクロス時代から塗っていただいてるカラーズさんの、カラーズ夏祭りも楽しかったなあ。

10502058_329627617186385_5147024401104528954_n.jpgレースが無い時の、モタゴッコも盛況に、終わったようですし(風邪引いてドタキャンしたっすね~w)

moblog_efd3d325.jpgいざ、熊本へ!

1232966_587483331373882_5583161834011686507_o.jpgフクダテクニカ渾身の、2本出しヨシムラマフラーのRM-Zで、気合を入れて乗り込みました。
福田さんのおかげで、バイクがものすごく良くて、九州でタイムアタックで1位を取れてポールポジションに並べたのは、本当福田さんのおかげでした。
決勝でも勝てればよかったんですけどねw
1798999_587495854705963_5573919318182284745_o.jpgなぜか、表彰台の上からカメラを回してる、#37AZUMAXとの2位表彰台のHSR九州でした。
この映像見せられた無いな~w
AZUMAXはいったい何撮ってたんだべ?

10630574_587491101373105_727517148603868715_o.jpg#22大野選手は九州エリアのれーすに参戦して、見事優勝!
俺が駄目でも、仲間が勝つ!
素晴らしい、エネルギーをみんなからもらってます!
20141029003706.jpg今シーズン一番レベルアップしたのは、この#22大野選手です!
来シーズンが楽しみだ!


1413901811221.jpg
シーズンが始まると1年ってあっという間ですね。
しかも、移動は全て車ですから、その移動に費やす時間と労働力も、決して馬鹿になりません。
しかしながら、そのような過酷な環境でも、無事故のノントラブルで毎レース参戦できたことは、本当にチームの仲間の絆といっても過言ではありません。
熊本の次は、奈良でレースなので、近く感じるのは、きっと感覚が麻痺してきたんでしょうねw
10256155_656034651183659_5848862706494050961_o.jpgで、名阪ではようやく、ブッチ塾長の欲しがってたピンピンを取れました。

そして、この前の茂原で今シーズン終了な流れのざっくり時系列!
で結果的には、4勝することができて、今までに無い、気づけばなにげに充実していたといえる今シーズンであったように思い返せますw





というわけで、2014シーズンは、年間シリーズランキング2位で終了することができました。
これも、支えていただいてるスポンサー、ならびに、応援していただいてる皆様、チームの仲間のおかげであると思えます。
俺一人では本当無力です。
改めて、そういった、人と人のつながり、絆で自分のレース活動は構成されているんだと思います。

今シーズンはじめの入院中に、AZUMAXと大野さんが見舞いに来ていただき、熱く語ってくれました。
今までの自分は走ることばかりに集中していましたが、チームという組織の中でどうやって、後進に伝えて、築いていくことができるんだろうと考えていました。

今シーズン、俺が出した結論は、彼らと一緒に自分がレース活動を同じテントやピットですることによって、言葉で教えることではなく、身近で何かを感じてもらえればいいなと、AZUMAXと大野さんには背中で語ってみましたwww

ま、結果的には皆が支えあって、何とか回れたシーズンといった所が本音ですけどね・・・。

しかしながら俺がそうやって支えられてレースを続けてこれたように、今後はモタードのレースを一生懸命やっているチームの仲間をはじめとする、モタードに興味を持ってくれる人たちの支えになれるよう、今後は走ることだけではなく自分も、自分のもってる力を伝えていけるように、宮城のモタード文化を絶やさぬよう微力ながら伝える努力に重点を置いていきたいと考えます。

改めて応援していただいた皆様、ありがとうございました。
来年の予定は、わかり次第まとご報告できればと思います。

2014 スポンサー様
(順不同 敬称略にて失礼いたします)

・株式会社 スズキ二輪様
・SRF SPORT様
・株式会社 ブリジストン様
・株式会社 ヨシムラジャパン様
・有限会社 ホイールテクノロジー(marchesini)様
・株式会社 ダートフリーク様
・大同工業 株式会社(DID)様
・KYB 株式会社様
・NA STYLE様
・株式会社 SHOEI様
・RAYCRAFT racingserviceマイクロテックECU M206様
・有限会社 カラーズ様
・株式会社 コルセ様
・テクノイル・ジャポン(MOTUL)様
・株式会社 デンソー様
・株式会社フクダテクニカ様
・株式会社 スズキビジネス(AutoRimessa)様
・HYOD PRODUCTS様
・GARAGE O.P.B様
・GET HOT様
・シバカン様
・GT AUTO様
・Blooming Lily様
・とわ様
・ぶっち塾様




あ、あしたってか今日、今シーズン最後のモタデューロでエビスサーキットへ行くんだった!


































スポンサーサイト

 
 

Comments

承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです

 
<- 04 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ikki

Author:ikki
2013 SRF SPORT&FUKUDA TECNICA×みちのく777として全日本スーパーモタード選手権へS1PROクラス #2で参戦していきます。

みちのく777の応援もよろしくお願い申し上げます。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。