激烈なる日々

激烈なる日々

2014 SRF宮城&FTRより全日本スーパーモタード選手権に参戦中!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

人のつながり (5月3日 SUGO 西コースイベントの告知です)

先月3月11日に発生した東日本大震災から早1ヶ月がたちました。
こちらの状況といたしましては、俺の住む仙台市西部のほうではずいぶんと落ち着きを取り戻すも、7日に発生した震度6強の余震というにはあまりに強烈な地震で、ライフラインが再び止まる場所も発生するなど、一進一退といったところです。
その後も頻繁に余震があり、なかなか精神的に苦しい時間が続いているのが現状です。

加えて昨日、久々の緊急地震速報ラッシュには正直参りました…。


季節は春、本来であればオートバイシーズンまっしぐらなところです。
しかし俺も含めてそうですが、今こちらは世間の風潮的にバイクに乗りにくい雰囲気(自粛や娯楽の部分として見られがち)が強いことは確かです。
俺自身も被災直後はバイクに乗れることを考えられませんでしたし、一寸先は闇となってました・・・。
実際に生きていかなくてはならない、それどころじゃないっていう方々も俺の周囲にいることも確かな現実です。

今シーズン予定していた参戦計画ですが、抜本的に見つめなおさねばならない状況です。
今シーズンは当初予定されていたMOTO1 ALL STARS全8戦中有効ポイント満了分の6戦のエントリーを予定しておりました。(2戦琵琶湖、4戦エビス、5戦Sタカタ、6戦SUGO、7戦HSR、8戦モテギの6戦の参戦計画でした。)
公表しようとした中で、地震の影響もあり現状として暗礁に乗り上げています。

バイクに乗れない現状と、職場も日々混乱状態にあり中々先が見えない状況であります。
この被災下の中、自分のすべきことを自問自答している日々です。



俺の場合はMOTO1のライダーであると共に、一会社員でもあります。
実際会社勤めがあってこそ、MOTO1に参加できています。
誤解を招くかもしれませんしかなり個人的な感情ですが、会社にも多くの仲間がいてその人たちも自分の生活を守っていくために必死で働いています。
その行為はすばらしい事であり、立派なことであります。
俺も家族を養っていくために今の職場にいます。
うまく表現できませんが、何が言いたいかというと、矛盾は多々ありますが、今まで生きてきた中で仕事のみでは自分の心に充実感を得られませんでした。
それはやはりバイクが好きで、俺はバイクなしでは生きていけないんだと思います。
モトクロスをやめた後、バイクと縁のない生活を数年送りましたがその間はとてもつらかったです。
ただ、俺のバイクとのかかわりが、バイクイコールレース、レースイコール結果、みたいな図式を自分で描いてしまいました。
故に肉体的につらくても、金銭的につらくても、支えてくれる仲間がいて、共感していただける方々がいたからこそ、燃えるような充実感を得られていたし走り続けるエネルギーになっていましたし、あの綱渡り的な緊張感がなによりの充実感でした。

レースとは俺の中で一種のドラッグ、依存性の強い中毒症状となっているのでしょう(笑)
今でも思います、「俺、レースをやめたらどうなるのかな?何していこうかな?仕事のみで俺の心はみたるのか…」
そして俺はそれがないと生きていけない偏な人間なんだと改めて思うわけです。


すいません、いつも以上にグダグダと綴ってしまいました…。

つまり、今この現状の中、俺自身今後生きていく上でのバイクライフを考えるときなんだと思います。
生きていく上でのバイクとの上手な携わり方(硬すぎる)…みたいな。
すいません書きたかったことが支離滅裂で。

本心といたしましてはMOTO1を回りたい気持ちですが、今までも経済的に余裕の少ない状況での参戦でしたが、被災後の家屋の損傷、被災にあった身内等含めた生活の見直しなどの推移中で先が見えません。
加えてオートバイにも乗れてない現状の中、シーズン中盤あたりから参戦していければ・・・、と希望的観測で考えております。




さて、今頃本題に入ろうと思います(遅)

今度のGWの5月3日にSUGOにてイベントを行うこととなりました。

まだ仮称ではございますが、おそらく名称はMMPになると思います。
今回のこの話はSTRANGEのtacさんからいただきました。

急慮決まった話ではございますが、あくまで今回のイベントのメインは走行会です。
自粛ムードの強い中、スクールやレースといったものの前に、まずは自分自身も含め被災地のみんながバイクに乗り出すきっかけと走り始めるきっかけを作りたいと考えました。
俺もそのイベントから走り始めたいと考えてます。
SUGO西コース様の協力もあり、少しでも参加者の参加費を抑える方向で進めています。
今回のイベントはを通して震災後会えてないモタード仲間が多いですし、よろしければ
バイクに乗らなくてもみんなの安否確認の意味も含め仲間内を
大勢集めてSUGOの西コースに来てみませんか?
とにかく堅苦しいことは抜きに、グダグダと焼肉でもしながら集まれればいいと考えます。

でも、SUGO西コースのモタードコースレイアウト(ダート、ジャンプ台あり)で行います!!!(天候により変更あり)

場合によってはクラス別の数周の模擬レースなんかあっても面白そうですね。

朝から夕方まで走りたいときに走りたいだけ自分のペースで西コースを走りましょう!
申し込みはSUGOのネット申し込みのみとなります。
エントリーー料金は事前申し込みで、一日たっぷり走って3,500円+保険料500円のなんと4,000円のみです!!!
当日エントリーでも可能ですが、当日エントリーの方は4,500円+保険料500円の5,000円となります。
なのでぎりぎりで都合がついた方などもSUGO西コースへGOです。

大枠で考えているのは、自己申告の初級、中級、上級の3クラスのクラスわけを考えております。
途中でのクラス変更もありです。

今回のイベントは被災地のみんなのバイクに乗り出すきっかけですし、俺自身も震災後の走り出すきっかけですのでイベントの音頭はとらせていただきましたが、あくまで一参加者としてエントリーしようと思います!

更なる詳細等は随時更新していきます。
今回のイベント発足には、スポーツランドSUGO様、STRANGEのtacさんならびにGARAGE OPBの大森さんの多大なるご協力があって実現しています。
俺一人では無力です。
彼らも被災者であると同時に一バイク乗りとして考えは同じでした。

みんなが苦しいときですが、苦しいときこそ共感できる仲間が集まれる場所も必要であり、そこが今度の5月3日のSUGO西コースになればすばらしいことだと思います。

告知までの前振りが長くなりすぎたので、改めて詳細をアップいたします!

















スポンサーサイト

 
 

Comments

ありがとうございます 
>ニッシーさん
ホントイベントの主眼はそこなんです。
仲間とたわいない話で笑えたり、ぼんやり雰囲気を楽しむゆるい空気。

ひとつにきっかけになってくれればいいと考えてます!
素敵なイベント 
こういう時こそ、笑えたりぼんやりしたり、仲間とたわいない話できるイベント大切だと思います。

企画されたikkiさん、opbさんtacさんなど、こんな時にとか、言われたりするかと思いますがバイク乗りたくてもきっかけ作れない被災者さん達に素敵な時間になると思います。

沢山仲間集まるといいっすね!

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ikki

Author:ikki
2013 SRF SPORT&FUKUDA TECNICA×みちのく777として全日本スーパーモタード選手権へS1PROクラス #2で参戦していきます。

みちのく777の応援もよろしくお願い申し上げます。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。