激烈なる日々

激烈なる日々

2014 SRF宮城&FTRより全日本スーパーモタード選手権に参戦中!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

クドイ話

ようやく今回のSUGOについて振り返ってみたいと思います。
いつもは、帰りの車の中で語り合いながら振り返ってくるのですが、今回highsidejunkiesは現地集合だったわけでして…。


いまだ仙台は梅雨明けがしておりませんが、このSUGO大会は大半の方が、雨のレースを想定していました。
この1週間突発的な豪雨がすごかったです。

事前の天候不順によりコースも予定していたダート区間を使えず、事前準備(ダート整地)ができなかったとのことでした。
予報は雨ベースで、このまま降り続けば、フルターマック(舗装オンリー)のレースを考えていたようです。
PIT.jpg



しかし、曇ってはいますが雨は降らない…、路面はドライ、土曜日の2本目の走行より急慮、グラベル部分にコーステープを張り、芝の上に突貫ダートが出来上がりました。
水分をたっぷり含んだ芝はそりゃあもう、滑ります(笑)
もっとヤバかったのは、ダート区間を出た後の舗装路、引っ張った土が粘土質でまるで氷の上のようでした。
犠牲者も多かったです、俺も例にもれず餌食となりましたが…。

その後のミーティングで芝を取るとのことでラインを作るよう、練習時にコース上にエスケープのパイロンをおいたりしました。
そこで急慮登場したのがトラクター!!!
芝を耕し、コースは緑から茶色になっていきました(笑)

結果として土曜日は雨も降ることなく、耕したダートはグリップも良く気がつけばいいコンディションで走れてました。

そして日曜日、天候は曇りでしたが、蒸し暑い感じでした。
日中には晴れ間ものぞいてきて、レース日和です。

1周が48?50秒台の短いコースでしたから、各クラス接近戦となりました。
その中、タイムアタックが1位、2組に分かれたヒートレースも#2佐合さんを抑え1位で、ポールポジションで決勝のグリッドへと臨むことになりました。

いつもレースのときは緊張して人と交流がぎこちなくなりやすいのですが、この日もやはり緊張してました(笑)チキンともいわれてますが…。

決勝前に空は真っ黒い雲に覆われ、今にも雨が降り出しそうな雲、風が出てきました。

グリッドにライダーが整列し、選手紹介が始まろうとしたそのとき、「雨だ!」結構大粒でした。
そして、WET宣言が出されました。
WET宣言とは、この後雨が降ってきてコースコンディションが変化しても中断しないという内容の宣言です。(補足があればしてください…)

そして15分間のタイヤ交換の時間が与えられ、この間天気はポツリポツリという状況で、各チームとも慌ただしく作業が始まりました。
近くにMXコースがあるのですが、MXコースは雨が降っているとの情報が入ってきました。
迷いに迷いました。

チーム内でも話し合い、「残り5分で決断しよう」となりました。
雲と風、雨脚を見ながら出した決断は、前後スリックでした。

雨は持つ、もし降ってきたら運が無かったんだと腹をくくりました。

グリッドについたライダーの選択は、分かれました。
前後スリックの人、フロントのみレインの人、前後レインの人。

ポツリポツリとくる中レースはスタート!

自分も前半数回危ない場面もありましたが、そのまま雨は降らず、22周を走りきりゴールとなりました。




今大会、自分自身の中で、やはり昨シーズンのSUGO大会よりヘルニアが悪化しその後出場できなくなった時の悔しさと苦しさがずっとありました。

実際あのときの気持ちは、正直またバイクに乗れるか不安もあったし、この痛みはとれるのかという不安だらけでした。

やはり、レースをやっている以上出るからには勝ちたい、その思いは誰にでもあると思います。
自分もそういった気持ちでレースをしています。

しかし今回はちょうど1年前の今ころ走れなくなってしまいましたが、今こうして走れているという厳然たる事実を思い返すいい機会になれました。

あのときの気持ちも薄らいできた中での気持ちのフラッシュバック、戒められました。


で、今回はレースの結果よりも、1年前の不安な思いに対し、自分の体もそうですが、活動体制的にも今また、こうしてレースが出来ていることに感謝して走ろうと思いレースに臨みました。

そんな事を思い出させてくれた、チームのぶっちさん、遠藤君、あの晩の語りはありがとう。
おかげさまで、ノンプレッシャーで走れましたよ…、(嘘)超緊張しましたけどね。



結果としては最良の形で終えることができましたが、自分を支えてくれている多くの方々の力と気持ちがあって今があります。
スポンサー、チーム、ブログを見ていただいてる方、皆さんに感謝しています。

予告どおり、超クドクなりましたね(スイマセン
途中で何を書きたいのかわからなくなってしまいました(笑)


シーズンはもう残すところ3戦(早っ)となりましたが、後半戦もがんばっていきます。
ありがとうございました。




スポンサーサイト

 
 

Comments

まさに 
>ニッシーさん
そんな表現がぴったりです。
「長いトンネル…」色々苦しいこともありましたが、本当皆さんのご協力があり抜けれたんだと思ってます。

ありがとうございましたm(_ _)m
わかりますよ 
長くても、何が言いたいかしっかり伝わってますよ!

みんなに感謝の気持ち素敵でしたよ!
それと長いトンネル抜け出したら物凄い青空♪ そんな感じですね!!
おっと 
>agatsumaさん
ご無沙汰しております。
感謝の気持ち、はい、切に感じております。

そして、ありがとうございます。

しかし、「バイクライフを始めた時からのチームや人々が居てこその優勝ですよ~」←まったくそのとおりですね、いろんな人に育てられてきました。

大切なところを忘れてました・・・。

今度は俺が参上する方向で、たまには土に行きますんでよろしくお願いします。
改めまして 
>KUBACCHI さん
ありがとうございます。
たぶん、伊那まで本当に語っちゃいますよ?(笑)
ウソウソ。

残りもお互いがんばっていきましょう。

凹凸 
>Hakkuさん
お疲れ様です。
俺もネガティーブな方ですんで、なんか凹んだかんじ、あると思います。

SUGOは気合も入ってましたが、いろんなことがうまく回りました。

とにかく、いつもバリバリ電波受信してますんで、もっと送ってください(笑)
 
優勝おめでとう♪
そしてあなたに携わってくれてる皆様に感謝の言葉立派ですよ♪そしてあなたがバイクライフを始めた時からのチームや人々が居てこその優勝ですよ~感謝感謝♪

後輩の優勝は何のジャンルでも嬉しいよ~♪なかなかいけないがさ(@@)
クドクナイデスヨーwww 
いろいろな想いが伝わってくる内容でございます。
次戦の伊那の直前まで話しててもかまいません(笑)

改めて、ホントにおめでとう!
「すばらしい日々」 
クドイ話、大好きです。(笑)
ラップタイム、途中経過他の詳細データを見ました。かなり、気合いを入れられてたのを感じました。「よかったです。」と思うのと同時に、何かパワーとゆうか元気もいただいてます。(実はここ数日色々かなり凹んでまして)
後三つも頑張って下さい。参上できそうにありませんが、電波トバしてます。
>>「何を書きたかった」のかあっしには解ります。...と思う(汗)。

 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ikki

Author:ikki
2013 SRF SPORT&FUKUDA TECNICA×みちのく777として全日本スーパーモタード選手権へS1PROクラス #2で参戦していきます。

みちのく777の応援もよろしくお願い申し上げます。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。